岡崎市の産後ケアハウス ははのわ

ははのわについて

ごあいさつ

ははのわ しほ助産院 院長 野田志保ははのわホームページをご覧いただき産後ケアハウスに関心を持って頂き有難うございます。助産師になってから20年と少し。助産師になったきっかけは、高校生の時に出産の映像をみて、感動し、妊娠・出産する女性を応援したいと思ったことでした。私自身も、男の子3人の母です。助産師ですが、一人目の妊娠・出産はとても苦労しました。おそらくその経験が最も今の私に影響していて「頑張るママを応援してママと赤ちゃんを笑顔にしたい」という思いが強くなりました。そして長年、岡崎市民病院にて、妊婦・育児相談を担当出産しましたが、近年、退院後の宿泊施設を希望されるママが増えてきたことを目の当たりにして、あらためて産後ケアの必要性を感じました。それが助産師歴20年にして、産後ケアハウス開院を決意したきっかけです。
本来私は、のんびりとした性格の助産師ですが、こうして勇気を出して岡崎市初の産後ケアハウスを開院するという、初めての試みにチャレンジしました。
今後はこの産後ケアハウスで「ママに寄り添うこと・ママと赤ちゃんが笑顔になってくれること」が目標です。そして、産後ケア施設の存在を認め、ははのわを応援し支えてくれる方々の存在にとても感謝しています。この産後のママを大切に支える”ははのわ”を、少しずつ拡げていきたいと思っています。
今後とも皆様のご理解とご協力を賜われますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

産後ケアハウス ははのわ しほ助産院(岡崎市)
産後ケアハウス ははのわ しほ助産院
代表  野田 志保(助産師・IBCLC)

※「IBCLC」とは?…IBCLC(国際認定ラクテーション・コンサルタント)は、母乳育児を成功させるために必要な、一定水準以上の技術・知識・心構えを持つヘルスケア提供者です。IBCLCは予防的なヘルスケアに焦点を当て、産前・産後を通して自分でできる対処法(セルフ・ケア)を促し、母親が自分で意志決定をするよう励まします。また、病院、診療所、地域、開業などのさまざまな立場で問題解決法を用いてアプローチし、適切な情報提供や提案、適切な場への紹介を行ないます。IBCLCの資格は、アメリカに本部を置くラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(International Board of Lactation Consultant Examiners:IBLCE)が1985年から毎年実施している全世界共通認定試験に合格することによって得られます。

産後ケアハウス ははのわ とは?

『産後ケアハウス ははのわ しほ助産院』は、母乳育児相談などでママと赤ちゃんをサポートする助産院であり、岡崎市初の「産後ケアハウス」です。三河ではまだあまり知られていない産後ケア施設。産後ケアセンター、産後ケアハウスという言葉を聞いて多くの方は「どんなことをするところなの?」と思われるでしょう。産後ケアハウスは、助産師から必要な産後ケアを受けられ、ママが安心してリラックスしたりリフレッシュのできる場所です。

<母乳育児相談ではこんな方をサポートします>母乳育児相談 岡崎市 ははのわ しほ助産院

  • おっぱいが出ているか(出るのか)不安なママ
  • 赤ちゃんがおっぱいに上手に吸い付けないとお困りの方
  • 母乳育児中の赤ちゃんの体重増加具合が不安な方
  • 初めての母乳育児でわからないことだらけ、という方

 

<産後ケアハウスはこんな方をサポートします>

  • 育児に慣れていない初産婦さん
  • 実家が遠く里帰りができず産後のサポートが少なくてお困りの方
  • 家族が働いているため日中のサポートしてくれる人がいなくて不安な方
  • 産後間もなく疲れているママ
  • 赤ちゃんの体重など生育状況が心配という方
  • マッサージなどの産後ケアを受けたい方
  • その他、母乳育児を含め育児やご自身の体調などに不安を抱えている方

多くの産後ママから「出産はゴールではなくスタートだったんですね」「育児に自信がない」という言葉を耳にします。
さまざまな理由で産後に里帰りしない方や身近にサポートしてくれる人がいない方も増えています。

それでも、出産という大仕事を終えた直後から、ママには育児が待っています。体が癒えていない中で家事と慣れない育児をこなすのは、とても大変なこと。その時期を少しでも安心して過ごせる場があったら、なんでも相談できたり、気安くリラックスして話せる誰かがいたら、いいと思いませんか?
『産後ケアハウス ははのわ しほ助産院』は、母乳育児相談や母親教室はもちろん、岡崎市では初の「産後ケアハウス」としてママの「産後ケアを中心とした有料サービス」を提供し、そんな場をつくり、支え合い・育児の喜びを共有しあえる人をつなぐ助産院です。

ははのわは、ママと赤ちゃんの”はじめて”を”一緒に”支えます。

ははのわ施設・設備案内

産後ケアハウス ははのわ しほ助産院の施設は、アットホームな一軒家を助産院として整備し必要な許認可を得て運営しています。

ママと赤ちゃんが静かに落ち着いて安心して過ごせる空間づくりを心掛けています。

 

1階には、勉強会や産前産後ヨガなどの講習にも利用できるキッチン併設のリビングが、2階には宿泊もできる個室があります。

 

クッション、寝具など、育児の際に快適便利な用品も備えています。

サービス利用案内

ははのわでは、大きく分けて次の2つのサービスを提供しています。いずれのサービスもご利用は事前予約制となります。

1.「母乳育児相談・母親教室・産前産後ケア」など助産院として専門の助産師が行う診察やケアサポート、ケアサポートを受けながら滞在または宿泊できるサービス
各メニューとも通常料金の他に初回のみ別途「初診料(1000円)」が必要です。

2.「ははのわsalon」でのセミナーや講座(ヨーガ、バランスボール、ダイエットウォーキングなど)イベント等の開催。
ご利用には『ははのわ会員』へのご登録が必要です。初回ご利用時に登録料として1,000円をお願いしております。

◎診療時間:9時〜 17時   ◎定休日:土日・祝日


※時間外や訪問業務を行っている場合、電話対応ができない場合もございますので、ご了承下さい。
PAGE TOP